仮想通貨(暗号通貨)市場は2018年は冷え切って終わったと言われますが、今後は必ず伸びると言い切れます。

その理由と価格が上がると期待できる仮想通貨の選び方などを解説していきます。

 

2019年以降、仮想通貨は上がると予想

今後の予想をする前に、よく言われることですが、仮想通貨市場について他の市場と比べてみましょう。

※世界の市場の市場規模

株式市場 8000兆円
FX市場  9900兆円
仮想通貨 60兆円

このように圧倒的にまだまだ市場は小さいです。

株式市場から1%の資金(80兆)が流れてくるだけで、仮想通貨市場は倍以上になります。

市場が小さいのは一目瞭然ですが、気になるのは今後市場が拡大するか?ということです。

この部分については、誰にも分からないというのが正直正解です。

ですが、高確率で市場は広がると予想できます。

理由

1、GMO、DMM、LINEなどの大手企業が参入
2、ブロックチェーンへの期待が大きい

この3つです。

1、GMO、DMM、LINEなどの大手企業が参入

大手企業が参入するということは基本的に市場が大きくなることを表しています。
ベンチャー企業と違い、大手企業は良くも悪くも非常に動きが鈍く慎重です。

数名でやっているような会社であれば、社長が

「仮想通貨が流行っているからちょっとやってみるか!」

みたいなノリで参入することもあるでしょうが、大手企業はそれは絶対にないです。
株主への説明もありますし、勝算がなければ参入しません。

大手企業は技術や市場調査だけでもかなりの時間、費用、人材を投入します。
仮想通貨、ブロックチェーンについてはおそらく数年がかりで調査したと思います。

まず一つ、これは非常に客観的な指標になると思います。

2、ブロックチェーンへの期待が大きい
2つめがブロックチェーン技術への期待です。

仮想通貨はダメだけど、ブロックチェーンは伸びるという人も多いです。

特に非中央集権への期待は非常に大きいです。

非中央集権は中央を信用せずに済む仕組みですので、現代には非常にマッチしています。

 

仮想通貨は2018年現在、なぜ下がっているのか?

では、なぜ仮想通貨は2018年現在大きく下がっているのか疑問が沸くと思います。

これは、あまり表で言いたくないのですが、単純に大口の調整や価格操作だと思われます。

先ほど書いた通り、間違いなく仮想通貨市場は今後伸びると思われます。
しかし、機関投資家は正直安い時に買い損ねていると思われます。

機関投資家はどうしても投資の全体戦略があり、慎重に調査をしてから投資をするので
仮想通貨のような類のものへの投資は遅れがちになります。

しかし、相当な資金力があります。数百億以上はあります。

今の市場規模で一気に「買い」を入れたら価格は上がってしまいますよね?

これ以上は書けませんが、何かしら大人の事情のようなことが行われているということは
少し考えれば分かることだと思います。

目先のビットコインの価格の上下に一喜一憂するのは本当に思うツボです。

 

仮想通貨は普及しない?普及と価格上昇は基本的には無関係

まず大前提として、仮想通貨が決済として普及することは、まずないと思います。
ビットコインがコンビニでみんなが使うみたいなことは絶対に起こらないと言う意味です。

当然ブロックチェーン技術は普及してくるとは思いますが、
それは一般人が日常意識して使うのではなく、知らないところで裏で使われるみたいな感じでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨が日常的に使われない理由ですが

100円のものは100円です。
1万円のものは1万円です。

あるときは0.01BTCで済むのに、また別の時は0.013BTC払わなければならない
こんなものを日常使う理由がないからです。

では、普及しないなら仮想通貨の価格は上がらないのでは?
と思うかもしれませんがそれは違います。

普及と市場価値は全くの別物ということを理解しなければなりません。

各取引市場のものは利用されたり、普及しているのでしょうか?

株式市場=株自体を決済に使わない
金市場=金自体を決済には使わない
絵画市場=絵画を決済には使わない

です。

仮想通貨という言葉から、「決済」に使われたり、
法定通貨に取って代わるような革命が起きないと意味がないと勘違いしがちですが
全くそんなことはありません。

絵画で何十億もする絵があるように、その作品に価値を感じている人がいるから価値が発生し
市場が生まれているだけです。

多くの人は、100億の絵には100万円の価値すら見いだせないし感じられないでしょう。
ですが、その絵が確実に本物だと分かっていて100万円で買えて売れる目途があるならば
借金してでも買うと思います。

この心理によって取引市場が成り立っているだけなのです。

仮想通貨も決済ではなくあくまで取引市場で取引されている株や金(ゴールド)、絵画
などと同様に考えると捉えた方が合点がいくと思います。

仮想通貨の取引市場を支えるのはマニア

仮想通貨の取引市場をさせるのは誰でしょうか?

見出しの通り、マニアやテックオタクと呼ばれる人たちです。

これは絵画に例えると分かりやすいですが、
絵画も「目利き」が「価値がある」「凄い」と言うから値段が付きます。
彼らが「ゴミ同然」と言えば価値は付かないでしょう。

つまり、目利きやマニアが市場を作っていて支えていると言えます。

絵で言えば、そもそも本物か偽物かすら熟練した人でないと分かりません。
彼らが「本物」と言うから「価値」付くと言っても過言ではないです。

仮想通貨についても同様で、ブロックチェーン技術に没頭しているようなオタクのような人たちがこれに当たります。

正直、ブロックチェーンで動いていると言われても
ほとんどの人は見ても分かりません。

ホワイトペーパーの通りなのか?
嘘はないのか?
その通り動いているのか?
どれくらい凄いことなのか?

こういったことが分かるのは、やはり目利きです。

マニアが「これは凄い」と言えばそこから

「どうやら〇〇という仮想通貨は凄いらしい」

となって火がつくのです。

ビットコインもこの流れできています。

ブロックチェーンが本当に非中央集権で改ざんがほぼ不可能かどうかなど
一般人には確かめようがないことです。

結局は信用できる「マニア」または、広まった後の「メディア」の言うことを信じるしかないのです。

また、ブロックチェーンでは、「非中央集権」こそ正義というような思想の人たちの支持が根強いです。

中央機関が存在すると必ず悪いことをする
なぜ誰かに管理されなければならないんだ
なぜ政府に経済的、社会的制約を受ける必要があるんだ

こういった発想を持った人たちに強烈に支持されてあれだけ広まったのが
ビットコインの非中央集権という考え方です。

もちろん中央集権、非中央集権にそれぞれメリットデメリットがありますが
非中央集権を支持する人は熱烈だということです。

いわゆるリバタリアン的な思想です。

こういった人たちから支持される仮想通貨が今後伸びていくことは確実と言えます。

もう遅い!?これから伸びる仮想通貨の見極め方と最新情報

まだまだ仮想通貨市場はこれからだと思われますので全然遅くありません。

2018年9月現在、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)など主要な仮想通貨も下げていて
これらを買うだけでも数年後何倍かになっている可能性も十分あります。

いづれにしても、ここまでで書いた通り
「マニア」に支持されるような玄人受けするような仮想通貨に投資すれば数年後には
何倍にもなっている可能性が高いと思います。

基本的には、現在仮想通貨市場の時価総額や取引量のランキング10位以内、
もしくは20位以内の仮想通貨を選ぶのが固い戦略です。

何十倍、何百倍などの夢を見れる可能性がある仮想通貨も
色々と調べる中で情報が出てきましたら書いていきますが、
投資はあくまで自己責任にてお願いします。